夢*hana

自由に、気ままに、まるで夢の花*
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
夜虫 * 08話

それは人々の心に一瞬で染み渡りました。

すると、人間は町に様々な色を散りばめ、満足しました。

昼虫と夜虫は人の作った色虫にどんどん食べられていきました。


昼虫の説明はしません。

夜虫を見れる子なら昼虫だって分かるだろうから。

スポンサーサイト
夜虫 * 07話

それから、長い月日が流れ、
人間は色々な当たり前に飽きてしまいました。

ある学者は、突然高熱に浮かされ、2階から飛び降りて死ぬ前に
机の上に遺書を書きました。


「世界は白と黒だけじゃない。黄色だって、赤色だって」


夜虫 * 06話

それが当然のことです。
自然なことです。

当たり前の神様でした。
夜虫 * 05夜
夜虫は昼間は木陰や、草むら、ほら穴の中で暮らしていて、
夜になると、一斉に飛び立ち、あたり一面を真っ暗にしていました。


夜虫 * 04夜

私達のご先祖さまには、夜虫がいることが凄く当然のことでした。

夜は、夜虫が生活をするから、ご先祖さまは静かに暮らしていました。
灯りだって、ロウソク一本で十分生活できていたのですから、
不便と思うことは、ほとんどありませんでした。

夜虫 * 03夜

― じゃあ、ぼっちゃんに夜虫の見つけ方を
  教えてあげましょうね。

― うん。ぼく、ヨルムシ見てみたい。

― そのためには、夜虫のことを、よく知っておかなくちゃいけないわね。



夜虫は、私達が生まれる、ずっと、ずっと昔から生きていたの。


― お知らせ ―

お知らせがあります。

日々の暮らしを書いているブログ
「romanian girl*」の公開をはじめました。

もし良かったら覗いてみて下さい。


リンクに追加しておきます。

夜虫 * 02夜

― ヨルムシ?それってゴキブリのこと?

― いいえ、夜虫は影を作る虫のことよ。

― ぼく、やっぱ見たことないよ。


― 目で見えない生き物もいるの。
  ぼっちゃんは、まだそれを感じることが出来るのよ。


― おばあちゃん、よく分からないよ。

夜虫 * 01夜


― おばあちゃんのおうち、暗くてねむれないよ。

― あらあら、夜が怖いのかい。ほら、ぼっちゃん、近くにおいで。



― だって、まっくらだと、おふとんのまわりに何かいる気がするんだもん。

― ぼっちゃんはまだ夜虫の気配を感じられるんだね。


真っ白 *

こんばんわ。
色々考えた結果、全部真っ白にして、新しくスタートすることにしました。


理由は、自分の書きたいモノを書ける環境を作りたかったからです。


そのために、一つ変わる部分があります。
「全部」です。

管理人は六から「そらしろ」になります。

ブログの内容は、サリンジャーの「笑い男」みたいに、少しずつ物語を進展させていくようにします。


今までのブログを見ていてくれた方々には本当に感謝しています。

これからも「夢*hana」をよろしくお願いします。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。